プロセス - 貼り合せる -

貼り合せる

タッチパネル(TP、オンセル、OGS)やパネル(液晶パネル;LCD、有機ELパネル;OLED)の製造において、カバーガラスとタッチパネルやカバーガラスとパネルを貼り合せる必要があります。(曲面、湾曲面、3D形状、2.5D形状への貼り合せも可能です。)
接着材料のOCAやUV硬化樹脂(OCR、LOCA)を使用して、全面貼り合せるプロセスには、膜厚を精度良く管理して気泡や異物を混入させずに貼り合せる役割が求められています。

images

特徴

  • 常圧(大気圧)環境下で大気BEND方式で貼り合せます。
    常圧(大気圧)環境下でカバーガラスを若干反らせて貼り合せる大気BEND方式により、ガラスを端から貼り合せます。
    貼り合せ中は数値制御によりギャップや圧力及び速度を自在にコントロールすることが可能です。

  • OCAとUV硬化樹脂(OCR、LOCA)、接着材料を選びません。
    接着材料が異なる場合でも大気BEND方式を採用していますので、お客様の使用される接着材料に合せた提案が可能です。

Product Information 製品情報
ガラス貼合せ装置

ガラス貼合せ装置

ご質問やご相談はこちら
  • テクニカル・ラボ
  • コンサルティング
  • 機能性フィルム・ラミネーター.com