プロセス

剥す(デラミネーション)

キャリアガラス上に塗工されたプラスチック基板に成膜が施された後にプラスチック基板からキャリアガラスを剥離(デラミネーション、デボンディング)するプロセス。

詳しくはこちら
磨く

タッチパネル(TP、オンセル、OGS)の製造においてはパネル表面に有機物(油膜)が付着することがあります。
また、パネル(液晶パネル;LCD、有機ELパネル;OLED)の製造において、パネル表面にカレット(ガラス屑)が付着することがあります。
そのような異物が付着している面にフィルムを貼り付けると 気泡が発生し、歩留まりの低下を招きます。
その原因を取り除く重要な工程として「磨く」プロセスには、液晶パネル(LCD)、有機ELパネル(OLED)、タッチパネル(TP)の表面から異物を確実に除去する役割が求められています。

詳しくはこちら
洗う

タッチパネル(TP、オンセル、OGS)やパネル(液晶パネル;LCD、有機ELパネル;OLED)などの製造において、表面研磨処理の後で除去した異物(カレット、有機物)がパネル表面に再付着することがあります。
研磨の後処理として「洗う」プロセスには、パネル表面の汚れ(パーティクル、ほこり)を確実に落として乾燥させる役割が求められています。

詳しくはこちら
曲面貼り付け(カーブド・サーフェス・ラミネーション)

曲面に対して、フレキシブルデバイスを最適な姿勢制御を行いながら、曲面に倣うように軌道を描く貼付けローラーの圧力・速度・押し込み量により、大気圧環境下で端から均一な条件で貼りつけるプロセスを提案します。フレキシブルデバイスを転写させて貼りつけるため、デバイスの異形状対応にも適合しています。

詳しくはこちら
貼り付ける

タッチパネル(TP、オンセル、OGS)やパネル(液晶パネル;LCD、有機ELパネル;OLED)の製造において、表面にフィルムを貼付ける工程があります。
最後の仕上げ工程であり、品質を決める「貼る」プロセスには、フィルムにストレスを与えずに精度良く貼付ける役割が求められています。

詳しくはこちら
貼り合せる

タッチパネル(TP、オンセル、OGS)やパネル(液晶パネル;LCD、有機ELパネル;OLED)の製造において、カバーガラスとタッチパネルやカバーガラスとパネルを貼り合わせる必要があります。(曲面、湾曲面、3D形状、2.5D形状への貼り付けも可能です。)
接着材料のOCAやUV硬化樹脂(OCR、LOCA)を使用して、全面貼り合わせるプロセスには、膜厚を精度良く管理して気泡や異物を混入させずに貼り合わせる役割が求められています。

詳しくはこちら
打ち抜く

ロール状やシート状のフィルム基板に対応し、要望に応じたフルカット、ハーフカット、穴あけ加工に対応します。フィルムの単層、積層といった製品構造や素材に合わせた刃型+サーボモーターによる速度・高さの数値制御により、フィルムの切断面にストレスを与えない精密打ち抜き加工、後行程の貼付けに影響しない打ち抜き加工を行います。

詳しくはこちら
  • テクニカル・ラボ
  • コンサルティング
  • 機能性フィルム・ラミネーター.com
  • 加工部品コストダウン.com