プロセス - 貼り付ける -

貼り付ける

タッチパネル(TP、オンセル、OGS)やパネル(液晶パネル;LCD、有機ELパネル;OLED)の製造において、表面にフィルムを貼付ける工程があります。
最後の仕上げ工程であり、品質を決める「貼る」プロセスには、フィルムにストレスを与えずに精度良く貼付ける役割が求められています。

ローラー方式

ローラー方式

剥離プロセス

剥離プロセス

特徴

  • 常圧(大気圧)環境下でローラー方式で貼付けます。
    常圧(大気圧)環境下で貼付けローラーにより、フィルムを端から貼付けます。
    貼付け中は、数値制御によりギャップや圧力及び速度をコントロールしているため、フィルムにストレスを与えません。

  • 常圧(大気圧)環境下でドラム転写方式で貼付けます。
    常圧(大気圧)環境下でドラム表面に薄膜フィルムを全面転写させて、フィルムを端から貼付けます。
    貼付け中は、数値制御によりギャップや圧力及び速度をコントロールしているため、薄膜フィルムにストレスを与えません。

  • フィルムセパレータの自動剥離が可能です。
    フィルムと粘着層が共加工されている場合、セパレータの剥離は非常に困難です。
    そのセパレータを自動で剥離可能なプロセスを実現し、作業者の手による異物混入を防ぐことが可能です。

※ご注意
・ドラム転写方式はセパレータ自動剥離に対応していません。
・装置グレードにより自動剥離に対応していない製品もあります。

Product Information 製品情報
フィルム貼付け装置

フィルム貼付け装置

ご質問やご相談はこちら
  • テクニカル・ラボ
  • コンサルティング
  • 機能性フィルム・ラミネーター.com
  • 加工部品コストダウン.com