粘接着剤

※ 粘接着剤の販売は致しておりません。

ディスプレイの表示部分に使用される粘接着剤には、ディスプレイの表示能力に直接影響する、光学的に均一で透明であること、剥がれや発泡などの接着不良が出ないこと、様々な使用環境下でも寸法変化しないことが求められます。それを満たす材料として、シート状の基材レス粘着テープのOCAや液状のUV硬化樹脂(OCR・ハイブリットOCR)が挙げられます。

いづれの材料も長所短所があるため、貼り付ける製品に合わせた選定が重要となります。

images

両面テープ(外周貼り用)

タッチパネルとディスプレイの間をエアーギャップ構造にする場合に使用します。

OCA(光学透明両面シート・全面貼り用)

軽剥離セパレータ、重剥離セパレータに挟まれた基材レスの粘着テープのことで、アクリル系とウレタン系があります。現在はアクリル系が主流。

熱可塑UV硬化(光学透明両面シート・全面貼り用)

・製品構造はOCAと変わりませんが、熱を加えることで流動性を発生させ、UV照射で架橋する特徴があります。
・液晶パネルなど、局所的な応力を嫌う箇所へ適しています。

OCR(UV硬化樹脂・全面貼り用)

・液状の反応性樹脂のことで、アクリル系とシリコン系があります。
・シリコン系はアクリル系に比べ、硬化収縮率が低く安定性に優れています。

粘・接着剤の進化

OCA(光学透明両面テープ) 特長

軽剥離セパレータ、重剥離セパレータによりサンドイッチされた構造で基材レスの粘着テープの事。

課題点

カバーガラスの印刷段差への吸収性等。

→
リフローアブルOCA 特長

製品構造はOCAとほぼ同等。

OCAとの違い

・熱を加えることで流動性を発生させ凹凸へ追従。
・液晶パネルなど、局所的な応力を嫌う箇所へ適する。

OCR(UV硬化樹脂) 特長

液状の反応性樹脂のことで、UV照射により硬化する。
アクリル系とシリコーン系がある。

課題点

貼り合せ後のはみ出しや硬化収縮による表示ムラ等。

→
プリ硬化OCR 特長

取り扱いはOCRとほぼ同等。

OCRとの違い

・プリキュアでOCA特性を発生。
・プリキュア後に貼り合せるため、硬化収縮軽減。

※ 粘接着剤の販売は致しておりません。

  • テクニカル・ラボ
  • コンサルティング
  • 機能性フィルム・ラミネーター.com
  • 加工部品コストダウン.com