粘接着剤 - OCR(液・リキッド)ウェットラミネート -

※ 粘接着剤の販売は致しておりません。

ディスプレイの表示部分に使用される粘接着剤には、ディスプレイの表示能力に直接影響する、光学的に均一で透明であること、剥がれや発泡などの接着不良が出ないこと、様々な使用環境下でも寸法変化しないことが求められます。それを満たす材料として、シート状の基材レス粘着テープのOCAや液状のUV硬化樹脂(OCR・ハイブリットOCR)が挙げられます。

いづれの材料も長所短所があるため、貼り付ける製品に合わせた選定が重要となります。

OCR(UV硬化樹脂・全面貼り用)

・液状の反応性樹脂のことで、アクリル系とシリコン系があります。
・シリコン系はアクリル系に比べ、硬化収縮率が低く安定性に優れています。

OCRを選定する場合の注意点

硬化ムラ

OCR層の硬化分布の違いによりムラが発生する場合があります。
部分的にUV照射が集束する、粘度の異なるOCRを併用する等の理由により部分的に硬化が促進した場合に発生しやすいです。

images

遮光下部の未硬化

遮光下部はUV照射が届きにくいため、硬化不足になりがちです。そのまま放置すると、未硬化のOCRが漏れ出て製品を汚染したりするため注意が必要です。
また硬化不足により、LCDとの貼り合せの場合に表示ムラが発生する場合があります。

images

硬化収縮による表示ムラ

硬化収縮率が高いOCRをLCDとの貼り合せに使用すると、収縮によりLCD側が引っ張られて表示ムラが発生する場合があります。

images
  • テクニカル・ラボ
  • コンサルティング
  • 機能性フィルム・ラミネーター.com
  • 加工部品コストダウン.com